しの字暮らし

2018年02月01日



MJ展、無事に終了いたしました。ご来廊いただいた皆さま、ありがとうございました。


  * * * * * * * * * * * * *

本日搬入してきました。毎年恒例MJ展が明日から始まります。
「MJイラストレーションズブック2018」のメンバー153人による展覧会です。会期も長めですので、是非ご高覧くださいませ。

日時:2/2(金)〜2/14(水)
時間:11:00〜19:00 ※最終日2/14(水)は17:00まで
場所:六本木ストライプスペース・ストライプハウスギャラリー
http://minegishijuku.com/?p=14758

画像は展示した作品の一部です。
いつもの紙に向かったら何だか緊張して硬くなってしまったので、試しにボール紙に描いてみたら、楽しくどんどん描けた....という一品です。

もうボール紙には描きませんが、今年は5月に個展をするので、楽しくどんどん描いていきます。個展についてはまたお知らせいたします。


180201b.jpg

180201a.jpg

2018年01月22日



本日からクー・ギャラリーの企画展、
『坂川栄治の装画塾卒業生展[家:HOUSE]』に1点出品しています。
お時間がありましたらぜひお越しくださいませ。

【日時】1/22 〜 2/28 13:00 - 19:00(日・祝休)
※2/2(金)19:00 - 20:30 井筒啓之さんと坂川栄治さんのトークショー開催(無料)

http://queuegallery.com/top.html

画像は出品作の一部です。

180122a.jpg

180122b.jpg

180122c.jpg

2018年01月10日



『MJイラストレーションズブック2018 とっておきのイラストレーター153人』に作品を掲載しています。→「MJイラストレーションズブック2018」
amazon、一部書店にて発売中です。どうぞよろしくお願いいたします。


180110b.jpg

180110a.jpg

2月には毎年恒例の「MJ展」もあります。また近くなったらお知らせします。

2018年01月01日



あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いいたします

180101.jpg

2017年12月28日



instagramで「bestnine2017」をやってみました。
1年間ありがとうございました!m(_ _)m

171228.jpg

2017年11月30日



昨日発売の『人生の「主役」はあなたです』(鈴木真奈美・著/PHP研究所)
カバーイラストレーションを担当しました。
装丁は小口翔平さん+上坊菜々子さん(tobufune)です。
本の紹介

著者・鈴木真奈美さんのブログに、表紙に込めた願いについて書かれています。
鈴木真奈美さんオフィシャルブログ

背中をぽんと押してくれる1冊です。どうぞよろしくお願いします。


171130.jpg

2017年11月22日



発売中の『ほどよく距離を置きなさい』 (湯川久子・著/サンマーク出版)。
本の紹介

カバーと挿絵に〈糸〉を描いております。装丁は萩原弦一郎さんです。

著者の湯川久子さんは90歳の現役弁護士です。
内容もさることながら、しっくりと手になじむあたたかい本です。書店で見かけたらぜひ手にとってみてください。


171122a.jpg

171122b.jpg

171122c.jpg

2017年11月02日



171102.jpg

aru(デザインスタジオ・アル)より年賀状が発売になりました。

デザインスタジオ・アルの前身は、エーアールユーという会社で、ブライダルアイテムや年賀状などの印刷物を、福岡から全国に発信している元気な会社でした。

昨年末、代表のN氏が急逝され、会社が解散するという知らせを受け、数年前に福岡でお会いしたときのことを思い出して涙しました。N氏と女性社員数名の会社でした。N氏は社員の方々にたいへん慕われていました。

春になって新会社が設立され、今年も年賀状のご依頼をいただきました。(今年はWEBのみでの販売です)

パシコンとプリンターで手軽に年賀状がつくれる時代だからこそ、美しい印刷にこだわった「襟を正した新年のご挨拶」としての年賀状をつくり続けたい、と仰っていたNさんのお言葉と、もじゃもじゃヘアーを忘れません。

2017年10月26日



171026.jpg

「あした飛ぶ」(束田澄江さん著・しんやゆう子/学研プラス)
装丁は藤田知子さん。10月27日発売です。

小学6年生の星乃は、お母さんと姫島へ引っ越してきたばかり。クラスになじめずにいる星乃だったが、ある日、はねに星マークが描かれているアサギマダラという蝶をつかまえて……。第25回小川未明文学賞大賞受賞作品。
学研出版サイト

児童書の装画や挿絵は難しいけれど、大好きな仕事です。これからも続けていけたらいいなと思います。

2017年07月25日



児童文学の大冒険『飛ぶ教室』第50号で、5名の人気作家(柴崎友香・天野健太郎・せきしろ・寺地はるな・町田康)によるエッセイ「わたしと子ども」の挿絵を描きました。

tobu_a.jpg


長谷川義史さんのどんどこ進む子どもの表紙が目印です。

tobu_b.jpg

記念すべき50号に掲載していただけて幸せでした。
50号おめでとうございます◎


Powered by さくらのブログ